仙人草の咲く庭で

犬と一緒に散策する里山スケッチ。自然界のさまざまな存在や、見えない世界へと誘われる心のスケッチ、モノローグ

新月の日の沢ガニ 〜最近の自然界〜

空き缶の中の沢ガニ

山に戻った沢ガニ

暖かくなってきたせいか、最近の自然界は賑やかだ。

5月1日の新月の日のこと。

なんと不思議なことにキッチンの床に置いていた

トマトの空き缶の中に沢ガニが入っていた。

沢ガニがキッチンまで辿り着いたことはとりあえずいいとしても、

どうやって空き缶の中にまで入ることが出来たんだろう?

不思議でおかしな出来事。

でも、沢ガニに特別に親近感を持っている私にとっては、

占星術的にも大きな変化が起こるとされている5月の始まりの

しかも新月の日に、今年初の沢ガニに出会うとは超ラッキー!

早速記念撮影するべく、大事に沢ガニ入りの空き缶を持って

庭に出た。

大きく見えるかも知れませんが、普通のトマト缶です。

ゴールデンウィークに入って、自然界の親戚の皆さんを見かける

ことが多くなった。その前の満月の夜のフクロウに始まり、

夜に出かけた時にコンビニの駐車場の前の空き地に、子ギツネを発見!

駐車場のフェンスの向こう側にいて、駐車場に背を向けて離れて行こうと

していたのに、何を思ったのかこちらに向かってやって来て、

車のヘッドライトで目が眩んだのか、しばらくそこで動きが止まって、

お陰で間近で子ギツネのシュッとした顔を、しっかりと見ることができた。

特に恐れている様子もなく、子ギツネはフェンス沿いに

ヒョコヒョコと歩いて行った。

可愛かった〜🎶

子ギツネに続いて、家に戻る途中、溝の中に入ろうとするタヌキを発見!!

パンダみたいに目の周りが黒いのもはっきり見えたし、ヘッドライトに

照らされて銀色に輝いて見える体毛も美しかった。

モゴモゴ、モソモソとした動きもユーモラスで楽しい。

その夜は子ギツネとタヌキを見て、まるで日本昔ばなしみたいな世界で

心がホクホクした夜だった。

キツネやタヌキを見かけたというだけで喜べるほど、

野生動物が少なくなっていることは憂慮すべきことだけど、

それでも自然界の生き物に出会えたことは、私にとっては嬉しい出来事。

沢ガニがカラスやその他の大きな鳥にやられないように無事を祈って、

よく沢ガニを見かけるポイント、家の裏の農道脇の溝までお連れして

水の中に放した。

All my relations 💗

何か変なこと

昨日のことです。

今年のお正月過ぎに、フェイスブックに「植物のスピリット・メディスン」がamazonで発売されますというお知らせを、私が手に本を持っている写真とともに出した記事・・・これは私としては億劫というか、かなり抵抗があったのですが、絶対顔出しした方がいい!という娘の意見とプロデュースに乗せられて、清水の舞台から飛び降りるというのは少し大袈裟にしても、それくらいの気持ちで勇気を奮って出した記事でした。その記事がなんと、これも娘からの連絡で、いつの間にか削除されて消えていたことが分かったのです。私が投稿した記事はもちろんのこと、他の人がシェアしてくれた記事も、当然のことながら削除されていました。

何故?何故こんなことが?というのが、まず頭に浮かんだことでした。

それで仕方なく、まずコメントをくれた皆さんに簡単に事情を説明して、もう一度同じ写真を出して、本の内容についての簡単な説明とamazon楽天ブックスのリンク、ついでにこのブログでもamazonとリンクを貼ったというお知らせをしよう、そういう意味ではいい機会になったかもと思って投稿しようとしたところ、ナ、ナ、ナント、投稿エラーという表示が!!😱その理由が、Facebookの世界共通の基準に合致しない、外れているというような内容でした。私としては、キツネにつままれたような、、、ハッ?!という感じでした。

再び、何故、何故?この記事のどこが一体???とは思いましたが、嘆いてもどうにもならないので、本の説明を省いて、その他の記事、ナチュラルスピリットのHPや本が出版されるというお知らせだけの記事は削除されていなかったのでamazon楽天ブックスのリンクも省いて、このブログのリンクだけを新しい情報として載せて、ごく簡単な記事にしたらすんなり投稿できました。コメント欄に前の記事が削除されて、今回も同じ内容のことを書くと投稿できなかったという経緯を書き足すことを忘れずに。。。

これは私の推測で、もしかしたら全然見当違いかも知れませんが、エラーになった記事には、本の内容について「植物のスピリットが魂の深い領域を癒してくれるという話に始まって、植物と私たちの心身や環境との関わり、先祖との繋がりなど幅広い視点で読むことができる本だと思います」というような内容の文章を書いていました。何度も言うようですが、一体それのどこが悪いの?と思いますが、おそらくその辺のこと、先住民に関連することや、植物と深く関わる環境問題のことや、スピリットなどという言葉が、キーワードとして引っかかったのではないかと思いました。もしそうだとしたら、相手側は相当神経を尖らせていて、検閲チェック機能を強化させているんだな、と実感しました。今までは自分とは関係ない人、遠いところの話だったのに、突然、我が身にふりかかってきて、こんな小市民の私のささやかな記事にまでという驚きとともに、少し背筋が寒くなる思いがしました。

でも、そこでめげないのが草の根でいるところの強み、というか、FBで自分のブログのお知らせなんてという引っ込み思案、もしくは少しネガティブなところもあったのに、これはいい機会をもらったということに気持ちを切り替えて、如何なる状況においても、その状況にめげることなく、その時点でベストと思える行動をとる。ドンファン(カルロス・カスタネダの小説のなかの呪術師)言うところの戦士としての行動ができた!(ドンファンの教えや戦士の解釈が間違ってたらゴメンなさい。あくまでも私がそうだと解釈した戦士の生き方・姿勢です)と独りごちた次第です。

短い記事を投稿して一件落着した後、Youtubeでたまたま「美しい緑の星」の監督の2年前のインタビューを初めて見て、これは「植物のスピリット・メディスン」と共通する部分もあるし、何か意味ある偶然のような気がして、その動画もFBでシェアーしました。普段ほとんど投稿しない私が1日のうちに、たて続けに2つも記事を投稿するという、これもある意味、私の日常の中では異常事態発生的な小さな事件でした。

先程、確認したらその動画を入れた記事は削除されてなかったので、少しホッとしたところです。

ということで、私としてはシンクロしたと感じた「緑の美しい星」のコリーヌ・セロー監督が来日した時のインタビュー動画、興味深いのでシェアーします

youtu.be

どんな社会状況になっても、軽い足取りで歩いて行きたいな。生きたいな。起こっていることに恐れを持つことで、その向こう側にある可能性が見えなくなったり、可能性を自ら閉ざしてしまうようなことになったら元も子もないしね。きっと誰かさんはそれが恐くてたまらなくて必死になってるに違いないよ。New Earthを創造するのは、私たちの意識。私たち1人ひとりが宇宙の創造主。やっぱりDance your way to God♪ その気持ちを保っていこう。頭はお花畑ちゃんで〜す🌼🌺🌠

ここまで付き合って読んでくださって有難うございます💗

静寂の音 〜フクロウの声を聞きながら〜

先日、フクロウが家の庭に来ていたり、夜出かけた帰りにフクロウを

見かけたという話をしたところだったが、実は。。。

その後もたて続けに草木も眠る丑三つ時に、フクロウの声を聞いていた。

 

夜の静寂(しじま)の中でひっそりと鳴くフクロウの声を聞いている。

フクロウの声を聞いているのか、静寂(せいじゃく)の音に聞き入っているのか

どちらとも分からない、ともかく聞いている。(多分、どっちも^^)

何と言っていいのか、何が言いたいのかよく分からないが、その状態が

好き?みたい。

ある本の中で、森の中に入って(だったかどうかも実はよく覚えていない^^;)

とにかく静かな場所にいてconsciousness(意識)、普遍的な意識を感じる、

というような文章に出会ったことがあった。

夜更けにフクロウの声を聞くのは、その感じに近いかなと思う。

 

家の裏手にある里山、つまり放置された自然の中は、たまに上空を飛んでいく

ジェット機やヘリコプターの音を除けば、鳥の声や草むらの中で虫たちのたてる

カサコソという音、空中でホバリングする羽虫の羽音、風が吹き過ぎていく音、

枯葉や土で埋もれた溝の中を流れていく水の音など、自然界そのものの音で

溢れている。

しばらくその中に佇んでいると、自然界のたてる音とは別の何かを感じ始める。

 

余談になるが、サイモンとガーファンクルで「サウンド・オブ・サイレンス」

直訳すると「静寂の音」という曲がある。

彼らが言うサウンド・オブ・サイレンスは、ニューヨークという大都会の中で

感じる極めて人間的な孤独がテーマになっている。

たぶん自然界の中の静けさの音とは、正反対のものではないかと思う。

 

低い山々の連なりの間にあるわずかな盆地。かつてそこには棚田があった。

山に降った雨は途切れることなく染み出して、今でも誰も来なくなった荒地を

潤している。そこには音もなく流れて辺り一帯を満たしている何かがある。

その場所の静けさを支配する静寂の音とでも言えそうな音。

夜更けに鳴くフクロウの声は、静寂の音、私たち人間界や自然界を継ぎ目なく

ひとつに繋ぎ、満遍なく流れている何かを思い出させてくれる。

フクロウ 3 〜メディスン・カードからのメッセージ

OWL キーワードはDeception(裏切り)

フクロウは呪術師や魔女のメディスンとして知られ、様々な文化の中で、フクロウは知恵を象徴する鳥と言われている。何故ならフクロウは他の人々が見えないものを見る力を持っている、つまり知恵の本質を掴んでいるので、他の人が騙されるような場面においても、フクロウはそこにあるもの(真実)を知っていて、その真実を見通す力を持っているからだ。

OWL(正位置):

フクロウがあなたのメディスンなら、あなたはその人自身が気づいていない真実や秘められた動機を見抜いてしまう侮れない人だ。誰もあなたを欺くことは出来ない。あなたは自分が持っているそういった能力や鋭い洞察力を当然のことと思っていて、自分の能力に気づいていないのかも知れないが、それは他の人には真似が出来ない能力なのだ。

フクロウはあなたにその能力を使って、人生のある状況を直観的に知ること、真実を知ることを求めている。フクロウはあなたと友達になって、あなたが全面的な真実を知る手助けをしてくれる。人生に現れるサインや前兆に注意を払うように。真実はさらなる悟りをもたらすだろう。

OWL(逆位置):

あなたは誰かに騙されているか、あなた自身があなたを欺いている可能性があることを示唆している。あなた自身の心の闇と友達になることだ。自分の心を深く見つめなさい。そうすればまもなく夜明けの明るい光があなたを照らすだろう。あなたの闇(無知、真実を知ることへの恐れ・拒絶)が何であるのかを自分自身に問いかけなさい。自分自身、あるいは他の誰か、他の何かに嘘をついているのだろうか?フクロウは常にあなたに問いかける。「ホー(Who?)誰?」と。

************************************

いやあ、フクロウのメッセージ、なかなか侮れませんね。 

特に逆位置のメッセージ!

なんだか深く突いてくると言うか、えぐられると言うか。。。

怖いですねえ。エッ!そう感じるのは、もしかして私だけ?😅

冗談はさておき^^;

Medicine Cardsについては解説書付きでカードも販売されています。

気になった方は、鋭い洞察力、思わぬ深さに驚かされるアニマル・メディスンの世界を訪れてみるのもいいかも知れませんよ。

Amazon | アニマルメディスン パーフェクトガイド(安心の日本語)+メディスンカード セット animal medicine perfect guide medicinecard | ボードゲーム | おもちゃ

購入ご希望の方は、日本語のカード+解説書と私が使っている英語版のMedicine Cardsの両方をサイドバーの方に貼っておきますので、よろしければご購入くださいね。😺