仙人草の咲く庭で

犬と一緒に散策する里山スケッチ。自然界のさまざまな存在や、見えない世界へと誘われる心のスケッチ、モノローグ

金のさかな

夕闇迫る雪の庭

宙から降ってきた人、雪原に立つの巻?

雪が降ったりすると、温かみのあるロシア民話のことを思い出す。

想像がつかないくらい寒さの厳しい地域だからこその、子供心をくすぐって

想像の翼がはためくような心温まる物語が生まれてくるのだろうと思う。

教訓的だったり、想像力が膨らむものだったり、恐ろしげな話だったり、

内容も多種多様で面白い。

最近、時々心をかすめるロシア民話は「金のさかな」。

この世界(地球環境)と人間の心のありよう、欲望の果てしなさをあそこまで

素朴な形で、しかも真をついているのは秀逸としか言いようがない。

大抵の方は読んだか、聞いたことがあると思うが、念のために

お話の概略をここに書いておこう。

(もしかしたら記憶違いということもあるかも知れません。

その点は情状酌量ということでよろしくお願いします)

「ある貧しい海辺の村におじいさんとお婆さんが住んでいた。

おじいさんは漁師で、2人は粗末な掘立て小屋で暮らしていた。

ある日、おじいさんが漁をしていたら金のさかなが引っかかった。

おじいさんは金のさかなを海に放してやった。

金のさかなはお礼に、3つの願いを叶えましょうと言った。

おじいさんが家に帰って、その話をすると、欲深いお婆さんは

すぐに、「立派な家に住みたい」と言った。

海岸に立って、魚にそのことを伝えると、魚は「分かりました」と言った。

海には少し波が立って、空も少し曇っていた。

おじいさんが家に戻ってみると、みすぼらしかった小屋は

立派な御殿になっていた。ところが、お婆さんはそれでは満足できず、

立派なお城の女王様になりたいと言った。すぐに魚にそう言って来い。

お婆さんにそう言われて、おじいさんはまた海岸に立って、

魚にそのことを伝えた。魚は今度も「分かりました」と言った。

海は波が荒くなって、空もどんより曇っていた。

家は立派なお城となって、お婆さんは豪華な衣装を身にまとった

女王様になっていた。ところが、お婆さんはそれでも満足がいかず、

今度は海の女王になりたい!と言った。

海岸に出ると、海は荒れ狂い嵐となっていた。

魚にお婆さんの望みを告げた途端、今までそこにあったお城は

みすぼらしい掘立て小屋に、お婆さんは元通りの貧しい身なりに

戻っていた」

人間の欲望の果てしなさ、欲望がつのれば募るほど、海は荒れ、空もどんよりと

曇ってくる、というあたりが、まさに真をついている、

芯を喰っている表現だと思わされる。

今、この世界、地球で起こっていることってこれじゃない?って思う。

人間の欲望、便利で快適な暮らしを望むがあまり、自然の法則、自然の働き、

自然界に生きるその他の多くの生命を犠牲にしてきてしまった。

頻繁に起こる天変地異や自然災害、気候変動や温暖化など、

異常気象と呼ばれているが、本当にそうだろうか?

すべては人災、人間の心が起こしているとは言えないだろうか?

私にはその解決策を提示することはできないが、根本原因を探っていったら、

この「金のさかな」のお話に出てくるお婆さんのような、

自分の利益のことしか頭にないキリのない欲望に行き着くのではないかと思う。

ロシア民話の中では分かりやすく描かれているが、わたしたちの心の中にも、

このお婆さんと同じような欲望が潜んでいる。

欲望そのものが悪いとは思わない。

それは願望や夢、希望という美しい言葉や、引き寄せの法則などという

スピ系のスローガンで表現される場合もある。すべてが悪いわけではない。

ただ人間自身が自然界の一部なのだという視野を失って、まるで

自然界の覇者と勘違いしてしまったところからくる傲慢さ、

バランスを欠いた行動が招いた結果なのではないか?

撒いた種は刈り取らねばならない、という原則に

私たちは帰らなければならない、

ただそれだけのことなのかも知れないと思う。

すべては幻想、夢・幻なのだと知って、目覚める必要があると思う。

文明に甘やかされた身には厳しい試練だとは思うが、自然界の生き物たちは

いつだってそのことを知って、自然界の法則のまま、あるがままに生きてきた。

私たちに必要なことは、まず幻想・妄想で膨らんだ頭を鎮めること

(特に私💧)、落ち着きを取り戻し、自然の声に耳を澄ますこと、

そこから自分にできることをやっていくしかないな、と思う。

否、何ができるかというより、むしろ何をしないでいられるかということの方が

大事かも知れない。

雪が降り積もって美しい朝に、そんなことを思った。

(あ、これも一種の妄想で、得意の妄想を繰り広げてみました^^;)

雪の日

2023/1/26 目の前に広がる雪景色

2023/1/25 旧正月って呼びたくなる雪を被った柚子

1月24日
お昼にスーパーの駐車場に車を止めた時、北の空が真っ黒になって、

急に霰混じり、雪混じりの雨が強風とともに吹きつけて、

急転直下の荒れ模様。

今年初めての雪と、強い風で駐車した車も揺れるほど。

急激な変化に少しビックリしながら買い物を済ませたが、

家に向かう頃には、さっきのあの真っ黒に沈み込んだ空の色は何だったんだ?と

思えるほど、我が家のある西の方角の空には青空が見えだし、

日差しが戻ってきていた。

今年初の雪だけど、感覚的にはどこか春の兆しを感じた。

1日のうちに荒れ狂うような冬の厳しさと、春の兆しが目まぐるしく入れ替わる

こんな天気の時は、地球のダイナミックな動きに触発されるのか、

どこか気持ちがワクワクする。

夕方からは雪が断続的に降って、翌朝にはまるで北国のような雪景色。

年に1度くらいの出来事なので、雪だるままでは作らないものの

テンションは上がり気味。

誰も歩いてない庭を歩いたら、くるぶしまでしかないレインブーツの中に

雪が入ってきた。

ちょっと雪男気分になって、前人未到の雪を踏みしめてみた。^^

雪が降り積もるだけで、楽しさ倍増。

たった一夜で世界を塗りかえてしまう自然の力に敬服!

人間がいくら頑張ったとしても、たったの1日で世界を雪一色に染められるほどの

力は持っていない。自然って凄いって自然に思える、無言の説得力。

私たちは勝手にそれを恵みと呼んでみたり、災禍と呼んでみたりしているが、

本当はそのどちらでもない。あるものがあるがままに起こっているだけ。

人間だけが勝手にそのことに名前を付けたり判断したりして大騒ぎしているに

過ぎない、と思う。

人間以外の動物は、あるがままにそれを受け入れ、それに従い

その中で生きている。人間よりよっぽど賢いと思う。

人間を万物の霊長と呼んだのは誰?

ハイ、人間です。愚かで滑稽な自画自賛でしたね😅

何だか話がおかしな方向に進みそうな気配。。。^^;

兎も角、北国の住人でない私は、稀に恵まれた美しい雪景色に

ジンワリと感動中⛄️

雪男現る?

 

花に水やり。111の日

花サンゴ

オレンジ色のビオラ

蘭の花(オンシジウムの一種)

2023年。

ことさらに新年を祝うという気分もなかったのですが、それでも何となく明るい雰囲気にしてみたくなって、暮れにホームセンターに行ったついでに鉢植えの花を買って来て、玄関に飾ってみました。

サンゴ草?というのか花サンゴ?というのか、ちゃんとした名前は忘れてしまったのですが、ピンク色の小さな花と、それだけでは寂しいので、オレンジ色のビオラとウサギをイメージして品種改良したらしい白に紫の筋の入ったビオラ、それからフルフルと繊細に揺れる風情が気に入ったのでオンシジウムの仲間の黄色い蘭cheirophorum(ケイロホルムというらしいです)、4種類の花を買ってみました。

プラスチックの鉢に入っていたのを、家にある陶器の鉢に移し替えて(私にしては素早い行動!😸)、何となく玄関の波動が上がった気分。

2023年に入って、今年は暮れもお正月感も、例年よりさらに希薄だったという声をあちこちで耳にしました。私も全く右に同じでしたが、年明けにある霊能者の方がYoutubeで、今年のテーマカラーはピンクとオレンジ色だと話しているのを聞いて、元々ピンクとオレンジ色は好きな色で、選んだ花の色もピッタリだったので、花の色と同調したみたいに気が上がりました。

年末年始と言っても特に何もない。メリハリなく過ごす。これが案外、いやまさしく自分には合っているなと感じる今日この頃。何かイベントがあると、心がどこか緊張していて、その緊張感がいいのかも知れないのですが、年々歳々そういうことが少しずつ苦手になってきている感じがします。何かのイベントがあったとしても、普段と変わりなくメリハリない感じで、淡々としている達人の境地になれたらいいのですが、なかなかそうもいきません。

特にどうということはないけれども、近づいてみたら、フワッと明るく、優しいヴァイブレーションで、生き生きと輝いている花のような、そんな風に在れたらいいなあ、そんな者に私はなりたい。って、何だか宮沢賢治風になってしまいました^^

昼間、久しぶりに暖かな日差しの下、表に鉢植えを全部出して水やりをしたら、花も葉っぱも息を吹き返したように瑞々しくなって、水やりしたこちらも蘇ったような気分になりました。

折角なので、最後にもう1枚ウサギの顔に見える?かどうかは分かりませんが、ウサ耳ビオラの写真も添えておきます。

ビオラ兎と花サンゴ

水やりをして蘇った花たち。111の日。

本年もどうぞよろしく。

マツワ 〜植物のスピリット・メディスン 第3章より〜

マツワ

「植物のスピリット・メディスン、第3章 スピリット」の中でとても印象的な老人(シャーマン)のことが書かれています。著者と同じように、私もその老人の見かけとシャーマンとしての彼の姿のギャップに驚かされ、思わず笑ってしまいました。その部分を少々飛ばしながら抜粋で紹介します。

 

【抜粋】

メキシコの西シエラマドレ山脈に、聖なる植物から人間のスピリットの癒し方を授かった、偉大なウイチョル族のシャーマンが住んでいると聞いたことがあった。彼の名前はマツワ。ドン・ホセ・リオス。

〜中略〜

 集落の中に入ると、すんなりドン・ホセの小屋に辿り着いた。ついに私の目前に偉大な人物がいた。ボロボロのシャツに腰の回りにより合わせた紐でかろうじて引っかかっている、相当な時代物の今にも崩れ落ちそうなズボンをはき、やせて、歯が無く、無精ひげをはやしたインディアン。仮にこの人物と通りですれ違っても、彼の右腕が肘の上で切断されているという事実がなければ、彼に気付くことさえないだろう。

 ドン・ホセは私と友人たちを迎えて、くつろがせようとある話をしてくれた。「去年、アメリカ人の女の子が訪ねて来た。その子の名前はマルガリータというんだが。ああ、あのマルガリータだ!ある日、その子がわしのところに来て、『ドン・ホセ、あなたにマッサージしてあげる!』と言うので、わしが『分かった』と言うと、『じゃあ、着てる物を脱いで!』ときた。わしは『ダメだ』と言った。ああ、あのマルガリータにな!」

 ドン・ホセは笑い、私は話が続くのを待っていたが、話はそこでおしまいだった。明らかに、それが一年中で一番おかしい出来事だったに違いない。老人は笑いを止めることができなかった。

 私が訪問した最初の一時間に、ドン・ホセはマルガリータの話を六回繰り返し、その度に爆笑した。明らかにここに来るのが遅すぎたのだ。その老人はもうろくしていた。

 翌朝にはドン・ホセが導くことになっている儀式が始まる。幼い子供たちのための儀式だという。彼らは神々が棲む遠く離れた山や洞窟や泉に巡礼に行けるほどまだ強くないので、シャーマンは道中の冒険の数々をチャンティングしながら、それらの場所にスピリットになって旅をするのだという。

〜中略〜

もう午後遅く、第一日目のチャンティングはまもなく終わろうとしていた。誰かが私にシャーマンが雨の神についてチャンティングしていると教えてくれた。私は光の変化に気付き、あたりを見回した。山の向こうに大きな黒い雨雲の塊があった。稲妻が近くの山頂を襲い、雷鳴が轟いていた。あっという間に豪雨が私たちを取り巻いていたが、村自体は穏やかなまま太陽は輝き続けていた。ドン・ホセはチャンティングを続けた。20分かそのくらい経ち、彼のチャンティングは終わりに近づいた。みんなは立ち上がり身体を伸ばすと、ぶらぶらと歩いて家に帰った。全員が無事自分たちの小屋に戻るやいなや、嵐が襲い村を水浸しにした。

 次の日も晴れ渡った空の下、子供たちはシャーマンが朝から晩まで歌うのに合わせてラトルを振っていた。またしても突然、雨雲が周囲の山々に現れた。前日と同様、ドン・ホセが儀式を終え全員が無事屋内に戻った直後、嵐が村を襲った。

(抜粋はここまで)

*写真の人物が、このお話に登場するシャーマン、マツワです。本を一通り訳し終えるまで、まさかマツワその人の写真があるとは想像していなかったのですが、試しにネットで探してみたらありました。確かに歯は抜けていますが、エピソードの中で描写されていたボロボロのシャツと今にも崩れ落ちそうな時代物のズボンといういでたちではなく、ウイチョル族らしい(おそらく儀式のための)美しい刺繍が施された民族衣装と、帽子を身につけたカラフルで晴れやかな姿で、本の中のマツワと写真のマツワとのギャップにも驚かされましたが、それ以上に私のインディアン繋がりの日本人の知り合い(故人)にそっくりなのには、二重に驚かされました。