仙人草の咲く庭で

犬と一緒に散策する里山スケッチ。自然界のさまざまな存在や、見えない世界へと誘われる心のスケッチ、モノローグ

芋虫

10月13日

 台風一過。

今朝は台風一過にふさわしい澄んだ青空。

これはまさに散歩日和、早速犬を連れていつもの道を

歩き始めると、裏の空き地の石垣に何やら黒い影がうごめく。

黒地に赤と黄色という原色の組み合わせ。

一瞬毒ヘビかっと無意識に反応してヒヤッとしてしまったが、

それは見たことのないイモムシだった。(ヘビにしては短すぎた笑)

スマホを身に付けて歩き回る習慣がないので、家にいたパートナーに

頼んで、そのイモムシの写真を撮ってもらった。

散歩から戻ってから、ネットで早速【黒地に赤と黄色のイモムシ】と

いれて検索してみたら、一発でセスジスズメと出てきた。

それでほぼ間違いないようだった。

私にとっては稀に見るイモムシだったが、生物的には

レアな種類という訳ではなかったようだ。

むしろ野菜や草花、樹木の葉を食い荒らし、茎や枝だけにしてしまう

害虫という扱いになっているらしい。

それでも黒地に赤と黄色の斑点(眼状紋というらしい)、

クリーム色の線というコントラスト。この生き物を創ったのが神様だとしたら、

神様はアーティストに違いないと思う。

 実際にこの目で見たイモムシの形は頭が細くて、この写真で見るほど

ズングリムックリではなく、もっとのびやかなフォルムだった。。。

(石垣の穴の中に入り込もうとしていたところを、無理やりつまんで

移動させて、カメラを向けたためフリーズして縮んでしまった様子。

申し訳ないことをしてしまったm(._.)m←これも芋虫みたい!)

一応、参考までにご覧ください。抽象画のような一枚?

そんなもの見たくなかったという方には、申し訳ありませんぬ!m(._.)m

f:id:senninsou_niwa:20191013202916j:plain

セスジスズメ(蛾)の幼虫

キツネ

10月9日(水)

黄昏時、家の庭の前の農道に散歩がてらに歩いて行くと、

庭からキツネが飛び出してきて、慌てて走り去って行った。

(逃げなくていいのに。友達になろうよ〜!いきなりは無理かあ?)

先日のイノシシは怖かったけど、それに比べてキツネは

小さくていかにも身軽そうで、思わず声をかけたくなる。

それにふさふさした尻尾が可愛らしい!

 

昨夜も夜更けに家のすぐ裏でギャンギャンと

けたたましく鳴いていたし、イノシシにニアミスした日の前日の

深夜にも、寝室の真裏の植え込みのところで吠えていた。

(私の頭の先から植え込みまで、距離にして2mくらい)

もしかしたら、同じキツネかも知れない。

そういえば、以前農道の向こうのすすき野に入って行く

キツネの尻尾を目撃したことがあったから、

その辺を棲家にしているのかも知れない。

キツネの生態のことはよく分からないけれど、おそらく求愛の時期で

ギャンギャン鳴いているのは、オスなのではないだろうか?

最近よく鳴いているキツネと、さっき庭から逃げて行ったキツネが

同じ個体だとすると(その確率は高い気がする)、

逃げて行ったキツネはオスのキツネということになる。

これからはキツネ君と呼ぶことにしよう。

これもまたささやかな里山暮らしの歓びで、

自然とともにある、自然を友とするという

シャーマニズムの基本とも合っている、なんて言いながら・・・

どちらかって言うと、日本昔話の世界に近いかな?

昔々あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。

おじいいさんとおばあさんの家には、時々キツネの子が

遊びに来ていました。。。みたいな?

 

星の王子様の話の中に、王子様がキツネと出会って、

友達になっていく場面が、美しく描かれている。

それはシャーマニズムと同じことなのだと、今になって気づいた。

自然界の生き物に挨拶をして、まず相手のエネルギー・フィールドに

入っていいか尋ねて、許可を求める。

少しづつ信頼関係を結んでいった後に、ようやく友達になれる。

そんな風にできるかどうか分からないけれど、そんな風にして

自然界の生き物と友達になれたらいいなあって思う。

 

イノシシ

10月7日 朝の散歩

いつもの散歩道。

溜池ののあるところで右に折れ、坂を下って行く。

すでに亡くなって5、6年は経つだろうか?

私が勝手に田んぼのおばちゃんと呼んでいたお婆さんの田んぼの3つ目、

高い土手に沿った農道に差しかかった時、

農道の向こうのススキやセイタカアワダチソウ、雑木に埋もれてしまった

廃れた田んぼのどこかから、威嚇しているらしい野生動物の

「フルンフルン」という荒い鼻息の音が、漫画の吹き出し

見ているのかと錯覚したくなるくらい、ハッキリと聞こえてきた。

それは大人のイノシシに違いないと頭で判断するよりも素早く、

身体の方ははこれが総毛立つということなのか!という全身反応と、

背筋から昇ってくる恐怖に、アッという間もなく踵を返し走り出した。

とは言えど、上り坂。。。

恐怖心に煽られてはいても、身体の方は疾走するというわけにはいかず、

すぐに立ち止まってしまい、心臓の動悸も激しく、

これでは猪に突き殺される以前に、心臓発作で死んでしまうリスクも

ありだなと、そっちの危険も感じた。

心臓発作を起こして坂道の途中で倒れ、追いついてきた猪の牙で

突っつき回される!という妄想が、瞬時に湧いた。

一緒にいる我が家の犬は飼い主を守ってくれるどころか、

逆に私が守ってあげなきゃいけないような頼りなさだし・・・(T ^ T)

少しは離れたものの、猪の怒っているような荒い鼻息はまだまだ

間近に感じられ、恐怖に煽られながら出来るだけ走ろうと奮闘した。

坂の上の方まで来てもまだ鼻息は聞こえてはいたが、

さすがに猪の方も身の危険は去ったと判断しているだろうという気がして、

やや落ち着きを取り戻したが、時々後ろを振り返り、

猪が追ってきてはいないことを確認しながら、急ぎ足で家まで戻った。

実際に猪が出てきて追いかけられた訳ではなかったが、

稀に味わうリアルな恐怖感だった!

これまでにガラガラ蛇がとぐろを巻いてブッシュの下で休んでいるのを

見かけたことがあったし(カリフォルニアでのことです)、

ここに住み始めてからは、散歩の時に挨拶していた大きな木の根元に、

小さながマムシがやはり丸くなって眠っているのを(?)

2回見かけたことがあったが、驚きはしても自分の命が脅かされて、

アドレナリンが一気に噴き出すような差し迫った危険は感じなかったし、

それよりも存在の静けさ・威厳を感じて、尊い、有難い感じさえした。

しかし、今回は自分自身の命にダイレクトに関わる経験で、

まさに猪突猛進。自分が走って逃げなければどうにもならないという

抜き差しならない経験をさせてもらった。

普段は眠っているものを一気に目覚めさせる野生のパワーに脱帽。

シャーマニズムがどうのこうのなんて・・・・・

偉そうに言う暇もあったもんじゃないね、ʅ(◞‿◟)ʃ

夏の終わりのモンキアゲハ       

秋分の日の翌日(9月24日)

左手に溜池のある坂道へと下って行く農道の曲がり目当たりに、

モンキアゲハがフワ〜ッと現れた。

7月頃に見かけて以来、久々の登場でおそらく

これが今季見る最後のモンキアゲハになりそうな気配を感じた。

蝶々はそもそも力強く飛ぶ生き物ではないが、

それにしてもどことなく弱々しく、生命力に

そこはかとない翳りがあるように感じられた。

残り少ない生命エネルギーを振り絞るかのように、

溜池の奥の林へと消えて行った。

果たして、それ以来、今日までモンキアゲハの姿を見てはいない。

夏真っ盛りの時には、朝夕決まって鳴いていたヒグラシも、

いつのまにか完全に消滅したと思っていたら、

最近細々と鳴いている声を聞いたり、

終わったと思っていた夏が、まだ此処にいるよと言わんばかりに、

弱々しいながらもフッと現れる。

黄昏に夕焼けの茜色が徐々に色褪せながら、

時折勢いを増したように朱くなり、すぐにまた急速に色を失っていく。

そんな様子にも似ていると思った。