仙人草の咲く庭で

犬と一緒に散策する里山スケッチ。自然界のさまざまな存在や、見えない世界へと誘われる心のスケッチ、モノローグ

7月の庭

f:id:senninsou_niwa:20210710125508j:plain

f:id:senninsou_niwa:20210710125534j:plain

 

f:id:senninsou_niwa:20210710125557j:plain

オオバギボウシ

今月初めに珍しく野草が伸び放題の我が家の庭を、全部は無理なので(ʅ(◞‿◟)ʃ)三分の一くらい刈ってもらった。

すると、今までその存在を気にかけていなかったウマノアシガタ?らしき野草が・・・おそらくそうではないかという予想です。いずれにしてもキツネノボタンとかの似たような仲間で間違いないと思います・・・細くしなやかな茎を微風に揺らせている姿が視界に入るようになった。これまでは特に気に留めることもなかったのに、黄色い小さい花びらや、風に揺れる姿が可憐で、ひまわりほど姿・形・色に強烈な主張がなく、控え目な様子が案外風情があるじゃない?と見直してしまった。(個人的に強烈な黄色とか、思いっきり派手なもの、主張のあるものが苦手な傾向があります)

キツネノボタンウマノアシガタのように子供の頃から知っている植物でも、随分時を経てから見直すということもあるのだな、というのが、草刈りによってもたらされた最近の発見。

おまけは京都から田舎に引っ越した最初の家の庭に咲いていたオオバギボウシ岐阜県に近い愛知県の田舎の家で初めてその存在を知った植物。3年ほど住んだその家から引っ越すときに少し株分けして、それから2回引っ越しをしたが、その度に持ち運んで、今でも立派に育ってくれている。大きな葉っぱの間からスッと茎が伸びて、今頃の季節に少し青みがかった涼しげな花を咲かせる。葉っぱの真っ直ぐな葉脈も見ていて気持ちがいいし、丈夫で日陰でもよく育つ(日陰の方がよく育つ???)ので、シェード・ガーデン、要するに日の当たらない日陰の庭にお勧めの植物として、結構人気があるらしい。

ネジバナ

 

f:id:senninsou_niwa:20210710121408j:plain

ネジバナ 1

f:id:senninsou_niwa:20210710121510j:plain

ネジバナ 2

f:id:senninsou_niwa:20210710122042j:plain

ネジバナ 3

また今年も性懲りもなく、ネジバナの花の写真をアップさせていただきます。

この花も庭に植えたい野草のひとつで、今年はついに裏の家(空き地)の草むらから何株か、家の庭に移植しました。

スッと真っ直ぐに伸びて、螺旋状に小さなピンク色の花を咲かせる。ミニチュアのグラジオラスのような姿、螺旋形にこよなく惹かれてしまうのです。

赤ちゃんのように限りなく小さい、その中に在る完璧さを好んでしまうのかなあ・・・とあえて自己分析すると、そのように思います。

とりあえず小さいものが好きなようです。シルバニア・ファミリーなんかも好きです🐿

クチナシ

f:id:senninsou_niwa:20210707154042j:plain

クチナシ

ご近所に咲いていたクチナシの花。

優しい甘い香りがふわっと広がって、心を癒してくれる大好きな花。

しっとりした柔らかな花弁は純白で、薔薇のような華やかさもあってとても美しいと思う。

バラ科かと思いきや、アカネ科らしい)

私の母も花好きで、ある時、香りがいい上に生け花の花材として、また暮れに栗きんとんを作る時の色付けにと1本あると何かと重宝するクチナシを庭に植えたことがあった。

それなのにクチナシ(口なし)という名前が不吉だとかどうとか、きっと誰かに言われたのだろう。折角植えたのに、またそれを抜いてしまった。

その時、口なしで縁起が悪いなら英語でガーデニア(Gardenia)って言えばいいんじゃないかって発想の転換ができていたらクチナシも引き抜かれずに、我が家の庭に甘い香りを放ちながら美しい花を咲かせていたかも知れないと、今になって思う。

残念ながら、その時の母も私もその知識がなかったので、我が家の庭にクチナシの花が咲くことはなかった。毎年クチナシの花が咲く頃になると、決まってそのことを思い出す。

f:id:senninsou_niwa:20210707161507j:plain 

梅雨を彩る

f:id:senninsou_niwa:20210701204417j:plain

 

梅雨を代表する花と言ったら、まず紫陽花で間違いないだろう。

紫陽花の色は淡い水色から真っ青、淡いピンクから濃いピンク、エンジ、ま〜紫などまさに色とりどりだが、私は雨の色を映したような、淡い水色からのブルーのグラデーションがいちばん紫陽花らしい気がする。雨の色と言ったが、正確に言うと、雨=水で色はなく透明ということになるから水色というのは間違いになるが、でも、水色と表現されるくらいで、水が私たちに与える印象が水彩絵具の淡い水色のイメージ、冷んやりしていて癒してくれるようなイメージなんだと思う。

 写真の紫陽花は、裏の家の庭(空き地)に咲いていた紫陽花が、何らかのアクシデントで折れて、石垣のところで萎れているのを見つけて拾ってきたもので、水につけたら元気になったので、縁側に置いて写真を撮ってみた。少し紫がかった淡いブルーのグラデーションがとても綺麗で、ほとんど色もついていない白っぽい小さな花が混じっているのが美しさをさらに引き立てている。普段あまり気に留めていない、どちらかと言うと平凡な花くらいにしか思っていなかった紫陽花の美しさに改めて気づかせてもらった。そう。これほど梅雨の季節を美しく彩ってくれる花は他にない。

 

ちょうどこの紫陽花を愛でていた頃の出来事。

6月最後の日、30日は比較的晴れた日で、暑くもなく散歩に最適な日だった。裏山の田んぼの坂道を愛犬ジュリコと下っていたら、ジュリコが何かに気づいた気配で、私もすぐに気が付いた。

久しぶりに見る小さなコッポリ亀だった。(コッポリ亀というのは私が勝手につけた名前です)先日、4月初めと4月末か5月初め、2度見かけて以来の再登場。今年はこれまでと比べると比較的、頻繁に現れてくれているのが嬉しい。(何しろ亀さんはMother Earthをシンボルするラッキーサインと思っているので^^)

 翌日、7月1日は梅雨時らしい雨の日。家に戻ったときに玄関へのアプローチ(アプローチなどと言うと、バカに洋風なお洒落な感じがしますが、決してそうではないことを申し添えておきます。もう少し正確に言うと、普段は軽バンを停めてある家の入り口付近のスペースで、バケツが置いてあるあたりのことです。念の為)の付近で、子ガニを発見。先日もう少し大きいカニを見つけた時は、人や車に踏まれないようにと、以前何度か沢ガニを見かけたことのある裏の農道の溝のところまでお連れしたが、昨日見かけたのは生まれてからまださほど経っていなさそうな小さなカニで(甲羅の大きさ1cm四方?)、可愛かったので指先で軽くポンポンと触ってみた。カニにしたらたぶん命に関わる一大事と感じたはずで、(申し訳なく思うものの、ついつい誘惑に勝てず^^)一瞬フリーズしていたが、あっという間に姿を消してしまった。なので、いつもの如くカメラに収めることはできず残念ではあったものの、子供のカニを見たということは、どこかで人知れず子孫を残してくれているということなので、沢ガニがいなくなるのではないかと危惧している私にとっては吉兆だった。

 

梅雨に咲く紫陽花と沢ガニと亀。

 水で繋がる生き物の世界。