仙人草の咲く庭で

犬と一緒に散策する里山スケッチ。自然界のさまざまな存在や、見えない世界へと誘われる心のスケッチ、モノローグ

アカハライモリと白い蝶 2 

アカハライモリと白い蝶、

地を這うものと空を飛ぶもの。

これはシャーマンが携わる世界にも通じるところがある。

 1つ目はSerppent(ヘビ)で表される、文字通りの

物理的・物質的なレベルで目に見える領域。

2つ目は Jaguarジャガー)のレベルで、言葉や言語で表現される

マインドの領域。

3つ目はHumming Bird(ハミングバード)のレベルで、イメージの領域。

ハミングバードはハチドリと言われる通り、とても小さい鳥でありながら

南米からカナダのあたりまで渡りをする偉大な力をもった鳥であること。

また空中に静止できるという点も関係があるらしい。

4つ目はEagle(ワシ)のレベルで、エネルギーの領域。ここには

他の3つのレベルも含まれている。

 

あらゆることが目に見えない領域で生まれるため、

シャーマンはハミングバードとイーグルのレベルに働きかけて、

スピリットともに共同創造する。(co-creation)

その際に肝心なことは、宇宙それ自身のリズム、流れに任せるということ。

結果がすぐに現れる場合もあるが、時によっては

長い間待たなければならない場合もある。

出エジプト記で知られるモーゼが、ヘブライの民を率いて

約束の地にたどり着くまでの40年はそのいい例で、モーゼ自身は

約束の地にたどり着く前に亡くなったという。

私たちは自分自身に対してもスピリットに対しても、忍耐強くなければ

ならないらしい。(40年も待てるかな、果たして???)

 

現代人は1分でも早くどころか、スポーツの競技になると

0.0コンマ何秒と瞬きよりも短いような時間で争って、それが一大事と

ばかり熱狂する人もいるわけだから、息つく暇どころの話じゃない。

 

聞いたところによると、クリスタルなどの石の類の*ヒトビトは

とてもスローで、1回の呼吸に100年を要するらしい。

近年クリスタルや天然石の人気が高いのは、そんな石の*ヒトビトの

ゆっくりとした波動に、無意識のうちに惹かれているからかも

知れない。

 

アメリカ・インディアンは自然界のすべての存在を

自分と対等な存在とみて、人間は2本足のヒト、

動物は4本足のヒト・・・などとヒトという風に呼ぶ。

石についてもStone People  石のヒト/ヒトビトと呼ぶ。

 

アカハライモリと白い蝶

先週の金曜日頃のこと。

やはり今日のように朝の散歩のときに雨が降っていた。

傘をさして散歩に出て、家に帰り着く一歩手前

足元で黒いものがうごめいた。

雨に濡れた道路とよく似た保護色?になっていて

よく分からなかったが、よく見たらそれはなんと

小さいアカハライモリだった。

アカハライモリは元々黒い色だから保護色とは言えないかもしれないが、

黒い色をしていること自体が保護色の役目を果たしていると

言えるかも知れない。

家の庭で時々見かけるアカハライモリのおよそ半分くらいの

サイズで、つまりそれは幼い個体なのだろうと思った。

一生懸命小さい手足を動かして、道路を横切ろうとしていた。

今まで意識したことはなかったが、私がそれまで見てきたアカハライモリ

おおよそ倍くらいの長さで、大人だったということなのかも知れない。

黒くて小さな生き物のお陰で、その日の朝の散歩も印象深いものになった。

珍しいと言えば、そのまた前の週、つまり先々週の

お天気の好い日に、いつもの溜池のあたりで数匹蝶々を見かけた。

そのうちの1匹は花の蜜を求めて水平方向に飛ぶのではなく、

どこまでもどこまでも空高く上って行った。

白っぽく見えたのでモンシロチョウと思っていたが、

色があったとしてもかなり離れていたので、

白っぽく見えただけなのかも知れない。

第一モンシロチョウが、というか蝶々そのものが

そんなに空高く上っていくところを見たことがない。

毎日のように観察していて、蝶々やトンボのような小さな生き物たちの

飛ぶ速度が、私が考えるよりも案外早いのだということを再認識した。

上昇していった蝶々もみるみる遠く離れて、あっという間に点になって

白っぽく霞んだ空に溶け込んで、見えなくなってしまった。

あんな蝶々は見たことがない。

明らかにあの蝶々は花の蜜を求めてはいなかった。

まるで空高く舞い上がることしかないみたいに、

かといって、使命感のような悲壮な感じはなく(当たり前?)

ただただ軽やかに、ひらひら〜と上昇していった。

蝶々が見えなくなった後、

あれは蝶々界のカモメのジョナサンだったのかも?と思った。

もしくはよく言われるアセンション???

当たり前のように繰り広げられる日常の世界に

ごくごく当たり前のように、何気ない装いでふわっと現れる不思議。

ギリシャ語で蝶々を意味するプシュケーは同時に霊魂の意味でもあるから、

もしかしたらあの蝶々は、誰かの魂が昇天しているところだった・・・

のかも知れない。もしそうだったとしたら、まさにそれこそAscension!

いやいや死んで昇天するのではなく、

現し身の間に、心身ともに軽くなって空も翔べるほどになったら、

どんなに気持ちいいだろう。

かつてのチベットの高僧は空を駆けることができたとか?(今も)

とめどなく想いの広がる朝の散歩、

やがて意識が目覚めて飛び立つ日がやって来るだろうか?

 *Ascension ・・・昇ること 昇天

初夏を彩る花 5 

6月11日

先日投稿したテイカカズラの横にあって、

実はテイカカズラよりも甘くて強い香りを放っているのが

このネズミモチの花。どこにでもありそうなごくごく地味な

小さくて白い花で、気づかずに通り過ぎてしまいそうな風情でありながら、

ところがところが香りは上級!

上級って何と比べてかは意味不明ではあるものの(笑)

とにかく通り過ぎる時の芳香といい、実際に花に近づいて匂いを嗅ぐ、

というより吸い込むと、思わず頭が香りとともにスパイラルを描きながら

上っていく感じ・・・なのです。

生垣などにも使われていそうな木なので、6月上旬頃にどこかの家の側を

通りかかって、濃密な甘い香りに包まれたらネズミモチかも知れません。

*注意 ユーミンのあの歌で有名なクチナシの花ではなくて。。。

その他の写真も、いつも歩いている散歩道の山の斜面で撮ったもの。

少し奥まったところに咲いていたアマチャと思われる花と、先日投稿した

コアジサイ。最近また咲いたようで、淡いラベンダー色をパチリ。

ムラサキカタバミもよく道端などで見かける花。早春の頃から咲き続けて

いまだに可憐なピンクの花を咲かせていてくれる。

生命力旺盛な植物と見た。やはり帰化植物は強いのかも。

最後の2枚は花ではないけれど、同じ日に撮った沢ガニの写真。

散歩に行く時、1枚目の写真の道端にできた小さい穴のところにいて、

何度も何度も出たり入ったりしていた。

穴からは水がポコポコ湧いていて、そこから出てきては白いハサミで

その辺に溜まっている泥を掻き出して、掻き出してはまた中に引っ込む

というなかなか興味深い動作を繰り返していた。

何をしているのだろう?

最初、産卵のための巣作り?と思ったが、まだその時期ではないらしいし、

水が湧いているところは巣には向いてなさそうだ。

カメラを持って引き返した時には、もういなかったけれども

穴ぼこの写真だけでもと思い撮っていたら、

運よく数メートル先のところにいるのを見つけて・・・

少しボケてしまったが、今年初めて撮った沢ガニの記念の1枚。

f:id:senninsou_niwa:20190613133904j:plain

ネズミモチ

f:id:senninsou_niwa:20190613133929j:plain

ネズミモチ 2

f:id:senninsou_niwa:20190613133958j:plain

アマチャ

f:id:senninsou_niwa:20190613134024j:plain

コアジサイ

f:id:senninsou_niwa:20190613134049j:plain

ムラサキカタバミ

f:id:senninsou_niwa:20190613134118j:plain

沢ガニがいた水の湧く穴

f:id:senninsou_niwa:20190613134340j:plain

あとで見つけた沢ガニ

モンキアゲハとキイトトンボ

6月8日

最近いちばん気にかけている蝶々がモンキアゲハ

漢字で書くと紋黄揚羽。ただ私の見るところ

紋の色はほとんど白で、白い紋付の礼装の貴婦人といった様子。

このモンキアゲハもここで初めて見た生き物のひとつで、

気品のある優雅な佇まいが、私にとってはスペシャル。

散歩の度に出会えるように心の中でも、声に出しても呼びかけている。

いつものお決まりで道が二股に分かれたところを右に下ると、

左側はもと田んぼの湿地で奥に溜池がある。

その周辺にアザミがいくつか咲いていて、

そこで決まってモンキアゲハを見かける。

モンキアゲハはアゲハチョウの中では一番大型らしく、

その分いちばん大きいアザミの花がお気に入りらしい。

他の小さな野の花の蜜では大柄な身体を維持するのが難しいし、

効率が悪いのだろう。

昨日見たところでは、溜池周辺のアザミもすっかり萎れて、

モンキアゲハの姿も全く見当たらなかったが、

しばらく歩いていたら、私の側をアッという間に過ぎて

林の中に消えて行った。

私は心の中で「モンキアゲハさん、また私の前に姿を現してください」と

呼びかけた。(きっと通じている!)

案の定、坂道を下りきって、また同じ道を引き返す時に

両側が湿地になっている開けたところの道端に

アザミがいくつも咲いていて、

モンキアゲハが花から花へと飛び移り、

私のすぐ目の前で蜜を吸う姿を見せてくれた。

まるで私のリクエストに答えてくれたみたいに。

蜜を吸う時の羽根の震えが、私にも伝わってくる。

その後も坂道を上る私と歩調を合わせるかのように、

ずっと姿を見せてくれた。

シャーマニック・カルチャーでは近づきたいと思う自然の存在に対して、

まず「あなたのエネルギー領域に入っていいですか?」と

挨拶をして許可を得てから、相手に近づくこと。

そこを始まりとして、相互的な関係が育まれていくと教えている。

モンキアゲハは私の呼びかけに応じてくれたように思えた。

まだまだ私の勝手な思い込み、自分に都合よく解釈しているだけの

単なる妄想かも知れない・・・とは思うが、

この何とはなしの感覚を大事にしていくしかないと思う。

他にも、先日初めて知ったキイトトンボにも再会した。

最初に出会った時に、キイトトンボに対しても、

「あなたのエネルギー領域に入ってもいいですか?」と

呼びかけたのは言うまでもない。

同じ個体かどうか知るすべはないし、この辺りに

1匹しかキイトトンボがいなかったとしたら、

この地域に限っていえば、絶滅してしまうことになるので、

他にも何匹かいて欲しいと願っている。

イトトンボはこの写真と全く同じで、青い草が重なっている下の

目立たない細い草のところでゆっくりしていた。

身体の色が黄色なのは、草の色に溶け込んで目立ちにくい

保護色なのだなあと、改めて気がついた。

*写真はどちらもフリー素材のtoraemonさんの写真をダウンロードさせて頂きました

f:id:senninsou_niwa:20190609124158j:plain

モンキアゲハ

f:id:senninsou_niwa:20190609124654j:plain

イトトンボ

<a href="https://www.photo-ac.com/profile/1789318">toraemon</a>さんによる<a href="https://www.photo-ac.com/">写真AC</a>からの写真