仙人草の咲く庭で

犬と一緒に散策する里山スケッチ。自然界のさまざまな存在や、見えない世界へと誘われる心のスケッチ、モノローグ

poem

薄爪月(うすづめづき)

過去に書いたメモから。 2年前の5月の今頃、新月を少し過ぎた頃。 思いがけず、2日目あたりの月を見た時のことを書いたものです。 薄爪月というのは私が勝手に付けた名前で、見た目そのまま薄く切られた爪(深爪の反対)のように見えるからです。 *2日目…