仙人草の咲く庭で

犬と一緒に散策する里山スケッチ。自然界のさまざまな存在や、見えない世界へと誘われる心のスケッチ、モノローグ

小さな楽園

4月11日  鷹

 一羽の鷹が東からの冷たい強い風に逆らうように、

西へと飛んでいた。

激しい気流に逆らって、気流の上に舞い上がって

漂っているように見える時もあった。

下界を見下ろしながら、

風に乗ったり、逆らったり

鷹はダイナミックな風使い。

 

 4月12日  トンボ

散歩道の先々、道路の真ん中あたりに

何度となくトンボが止まっている。

道案内をしてくれているわけではないが、

結構な数のトンボが現れて、

飛んだり止まったりしていた。

 

日当たりの良い散歩道を下りきったところにある

使われなくなって廃れてしまった田んぼ。

蝶々やトンボに、ハチたちの唸る音。

田んぼ脇の溝や湿地と化した田んぼには青サギも時々やって来る。

 

山から滲み出した水が溝へ。

溝から田んぼへと注ぎ込む小さな流れの中に光が溶け込んで、

視線を変える度に無数の煌めきとなって光り輝く。

ここは小さな楽園。