仙人草の咲く庭で

犬と一緒に散策する里山スケッチ。自然界のさまざまな存在や、見えない世界へと誘われる心のスケッチ、モノローグ

花散る

 

風もないのに

 

どこからか白い花びらが

 

音もなく降ってくる

 

まるで時間が止まって

 

花びらだけが

 

時のない世界で

 

静かに静かに舞い落ちているような不思議な感覚

 

 

こんな時、日常であるはずなのに非日常のような・・・

言葉にすると違ってしまうかも知れないが、

Nirvana(涅槃)とか、

何か永遠なるものが一瞬垣間見えたような

そんな感覚に襲われる。

 

 

似たような情景を詠んだ有名な短歌があったことを思い出す。

 

ひさかたの 光のどけき 春の日に

静心なく 花の散るらむ

古今和歌集

 

平安時代歌人も現代に生きる私も、

一瞬の情景に季節の移ろいを感じる点では、

同じような感覚を共有しているようだ。

その時代に生きていたもう一人の私が、

そのような歌を詠んだこともあったかも知れない。

時代がオーバーダブしてきて、雅な気分になる。

 

桜の花は、いつのまにやら人を古への時へと誘う

妖しの桜

桜、さくら。。。