仙人草の咲く庭で

犬と一緒に散策する里山スケッチ。自然界のさまざまな存在や、見えない世界へと誘われる心のスケッチ、モノローグ

静かな瞬間(とき)

5月10日

今日は暖かで風もほとんど無く穏やかな5月らしい1日だった。

こんな日がずっと続けば幸福と感じる人も増えるんじゃないかと

思えるような、のどかな日。

この頃の散歩道では、小さい蝶々やシオカラトンボ、クマンバチなど

少し大きめのハチを見かけることが多くなった。あと爬虫類。

トカゲやカナヘビは家の付近で、私の足音が近づくと慌てて材木の陰に

逃げ込んだりしている姿が可笑しい。

蛇も時々、見かけるようになった。。。

田舎暮らしも長くなったが、これだけは全然慣れない。

(いや、少しは慣れた(^^;;)

相手もこちらを恐れているらしいことが分かるので、もう少し余裕が

もてたらいいのだが、やはりこちらが気を抜いているときに、

音もなく現れたりされると背中に電気が走ってカッとなるので、

苦手なことには全く変わりない。 

今日の散歩は、そんな苦手なヒトたちに出会うこともなく、

途中出会ったのは、緑の葉っぱの上で交尾している

ヒメウラナミジャノメという、どこにでもいそうな小さな蝶々。

焦げ茶色で地味な色合いだが、じっと見ると焦げ茶色の翅(はね)の中に

金茶色の輪っかが大小いくつか浮かんでいる。

その中はまるで小さな宇宙の闇のようで、なかなか渋い。

2羽の蝶々は時々片方が翅を広げたりする以外は、

ただただじっとして静かな時を分かち合っているように見える。

周囲の羽虫たちの唸り音や、小鳥たちの高らかな囀りが混じり合う中では

ほとんど神秘的とも言えるほどだ。

こんなにも静かに生の悦びを味わっている姿を見ると、

やはり蝶々の魂は私たち人間よりも進化しているのかも知れない、

と思う。

豆知識・・・古代ギリシャ語で蝶々を意味するプシュケーまたはプシケは

同時に心・魂の意味。ちなみに英語ではPsych(サイキ)でギリシャ語と

同様、魂・心・精神の意味

f:id:senninsou_niwa:20190510175450j:plain

ヒメウラナミジャノメ(フリー画像から)

この写真では色が薄く見えますが、実際の羽の色はもっと濃い焦げ茶色に

見えます。時期にもよるのかも知れないけれど。。。