仙人草の咲く庭で

犬と一緒に散策する里山スケッチ。自然界のさまざまな存在や、見えない世界へと誘われる心のスケッチ、モノローグ

冬の虹

私が裏山で蛙の声を聞いたのと時を同じくして、

8日9日と虹を見た。

8日の日は雨風(特に風)が強くて、本格的冬の到来かと思われたが、

時々青空をバックに雨が降って、完全なアーチを描いた虹を見ることができた。

超ラッキー!

9日の日も完全ではなかったが、時々降る天気雨のお陰で

何度か虹を見ることができた。

今朝も娘を送って行った帰り道、山の麓に虹がかかっているのを見つけて、

気分が上がった。

虹を透かして山の緑が見えるのもオシャレだし、

光が溢れている。

そこで一句呟いてみた。

 

 〜 山裾の虹に 向かって走る 朝のドライブ 〜 

 

今朝の散歩では蛙の声は聞かなかったが、暖かな陽気に誘われたのか

白い蝶々(モンシロチョウかどうかは分からなかった)と茶色い蛾を見かけた。

それにしても・・・彼らはどこでどうやって寒さを凌いでいるのだろう?

何でもないことのようだが不思議だ。

当たり前に思える日常の中に、よ〜く見てみると

不思議なことや謎がいっぱい潜んでいる。

野生って凄いな。

裏の空き地に咲いていたアザミを見ながら、

ふとそんなことを思った。