仙人草の咲く庭で

犬と一緒に散策する里山スケッチ。自然界のさまざまな存在や、見えない世界へと誘われる心のスケッチ、モノローグ

f:id:senninsou_niwa:20201231175518j:plain

早咲きの梅 その1

f:id:senninsou_niwa:20201231175410j:plain

早咲きの梅 その2

これは12月27日。

暖かな晴れた日の朝。

しばらく厳しい寒さが続いて、そしてまた暖かな日が戻ってきて、

数日後に咲き出した梅の花

その前から蕾が膨らんできているなあと、何となくは

気づいていたが、まさか年末に花開くとは思っていなかった。

超早咲き!(遅咲き?!)

早いにも程がある?

これはいつも通る散歩道の脇の梅の木畑の奥の一本。

毎年、この一本だけが早咲きなのだが、

早いと言っても、2月の上旬くらいが平均的なところで、

それが今年は1月の下旬頃に咲いてビックリしていたのに、

再び同じ年の内、暮れに咲くとは?!

ちょっと早すぎないか?と地球温暖化という文字が、

一瞬、脳裏をかすめるが、

そこで科学や論理的思考に弱い頭を悩ませても仕方がないので、

いつも一緒に散歩する老犬ジュリコとともに、

ジュリコは鹿のフン探し。

私は上品な梅の香りを嗅ごうと爪先立ちになりながら、

梅の木畑を歩き回る。