仙人草の咲く庭で

犬と一緒に散策する里山スケッチ。自然界のさまざまな存在や、見えない世界へと誘われる心のスケッチ、モノローグ

春始動!

f:id:senninsou_niwa:20210223102512j:plain

ルリビタキ

先週の真ん中あたりは最低気温も0度を割って、雪が降り

最高気温も6度前後と寒さに震え上がる日が数日続いたが、

週末から今日(2/22現在)までは晴れて暖かな日が続いている。

土曜日のお昼頃、遅めの犬の散歩に裏山に行った時に、

冬の間いつも現れてくれないかと心待ちにしている

ルリビタキが遂に現れてくれた。

しかも一羽ではなく数羽(三羽くらいだったかも?)、

梅の枝から林の中へと忙しく飛び移って行った。

動きが早いが、あの青い色を見逃すことはない。

いつもお目にかかる度に、超ラッキーと気が上がる。

 

今日(2/22)は風もあまりなくきれいな青空。

朝、車のウィンドウが粉っぽく汚れていたので、

PM2.5の影響かなと思ったが、

その後、裏山に犬の散歩に出かけた時に、

スギ花粉が飛散しているのを見たので、

あれは花粉だったのかと納得。

厳しい寒さがしばらく続いた後、お天気も良く

気温も上がったお陰で、スギも

ここぞとばかり花粉を思いっきり飛ばしたのだろう。

花粉症の人にとっては厄介なことかも知れないが、

生命現象としては、これはスギの生存をかけた生命運動。

春の息吹。

スギはスギで一生懸命生きているのだと思った。

風もほとんどないのに、自らの力で煙のように花粉を

噴出させるのだから、すごい生命力だと思う。

(何年か前に見たときは、ほとんど黄色い煙のような濃厚な花粉が

スギからもうもうと出ていた!)

 

カエルの初鳴きは驚くほど早かったが、

このスギ花粉の飛散は、春が始動した証だと思う。

まだ少し早いとは思うが、もうまもなくルリビタキ

北の方か、どこか高度の高い場所へと

移動を始めそうだ。

 *写真はフリー素材 うさぎ屋写真さんから