仙人草の咲く庭で

犬と一緒に散策する里山スケッチ。自然界のさまざまな存在や、見えない世界へと誘われる心のスケッチ、モノローグ

Cloudbusting:Kate Bush

Cloudbustingというのは、イギリスを代表する女性シンガー・ソングライターの1人、ケイト・ブッシュが1985年に発表したアルバム「愛のかたち」(原題:Hounds of Love)に収録されいる曲です。

*"cloudbusting" は「雲を破壊する、退散させる」 という意味になります。(そう言えば、ghost bustersという映画がありましたね)そこから転じて、 心の暗雲(不安)を晴らす という意味になるみたいです。

クラウドバスターというのは、オルゴン・エネルギー(気あるいはプラーナのようなもの)を発見したフロイト派の精神分析家でもあったウィルヘルム・ライヒ博士が考案した雨を降らす装置のことで、博士はオルゴン・エネルギーを放射することで雨を降らせることができると考え、大掛かりな装置を作ったようです。博士が発明した別の装置オルゴン・ボックスが裁判所から販売差し止めの命令を受け、それに従わなかったために収監され、心臓発作のため獄中で亡くなったんだそうです。

ライヒ博士にはピーターという息子がいて、彼が大人になってから父親との思い出を綴った本A book of dreamsを読んだケイト・ブッシュが、その物語に感動して出来上がったのがCloudbustingということらしいです。

*オルゴンについて・・・ウィルヘルム・ライヒ博士はすべての生物に宿る根源的な生命エネルギーーをオルゴン・エネルギーと呼びました。

*cloudbustingの曲の背景については、こちらのブログを参考にさせていただきました。

https://magicbus-magicalbus.blogspot.com/2014/02/cloudbusting.html

説明が少し長くなってしまいましたが、この曲のPVを見れば、何となく理解できるんじゃないかと思います。ちなみにPVの中で父親のライヒ博士を演じているのはドナルド・サザーランドで、息子のピーターを演じているのがケイト・ブッシュです。

 

私はごく最近までこの曲のことを知らなくて、ふとケイト・ブッシュは最近どうしているのかな?と気になって、Youtubeで探しているうちに、この曲に当たったという次第です。

「百聞は一件に如かず」ということで、気になった方はこちらの動画をどうぞ。

youtu.be

ついでに、ケイト・ブッシュの1978年のデビューシングルで彼女の最大のヒット曲 嵐が丘(原題:Wuthering Heights) このPVでは赤いドレスを着ていますが、真っ白なドレスを着て、天使のような雰囲気のversionもあります。気になった方はYoutubeで探してみてね。今見ても、そんなに古い感じがしないと思うのは、私だけかな?彼女は恥ずかしがり屋で、習っていたパントマイムの振りをつけて歌っていた(ようやく人前で歌うことができた)と、どこかに書いてありました。演じていれば恥ずかしいという自分の感情に直面しないでいられるという、私はパフォーマーではないけれど、分かる〜!と思いました。