仙人草の咲く庭で

犬と一緒に散策する里山スケッチ。自然界のさまざまな存在や、見えない世界へと誘われる心のスケッチ、モノローグ

美しい朝

f:id:senninsou_niwa:20211113155750j:plain

f:id:senninsou_niwa:20211113155820j:plain

秋色の実 クサギ

昨夜降った雨も上がり、濡れた道路や

車の窓越しに見える草や、ところどころ紅葉している

木の葉に滴る露が、青空をバックに光っている。

いつも見ている景色も、深みを増してなんだか

とっても美しい!

植物の色が深みを増すところに、秋の美しさはあるのだなと

妙に感心してしまった。

そう言えば、昨日の朝も同じように、夜に降った雨が止んで、

光が射してきたお陰で、彩雲を見ることができた。

その後には虹のアーチも見れた。

家の二十四節気を元にしたカレンダーの11月のところに、

小雪58候 虹蔵不見(にじかくれてみえず) 

にじかくれてみえず=虹の姿を見かけなくなる、と記されている。

雨が雪に変わる時、虹は姿を消すと説明されているが、

これは雪国のことなのではないかと思う。

私の経験では、冬にも虹を見けることがよくあった、というより

今でも記憶に残っているほど印象的な虹は、ほとんど冬の虹だ。

これまでの人生で最も不思議だったのは、朝から昼頃までずっと、

鮮明な色の虹が私の行く先々、どこまでもついてきた(?)、

降りてきたことがあったことだ。

あれはまさに奇跡だった、と思う。

その日は家から40分程離れた場所にオープンする

美術館のアルバイトの面接に出かけたのだが、家から美術館に

車を走らせている時は虹のアーチがずっと見えていたし、

美術館で筆記テストを受けているときも、窓の外にずっと

地面に降りている虹のアーチの袂がクッキリと見えていた。

あまりにも凄いので、見ず知らずの隣の席の人の肘を突いて、

(あくまでも優しく、ですよ^^;)

虹が見えてますよ、とお知らせしたくらいだ。

隣の席の人は迷惑そうな、怪訝そうな顔をしていたみたいだが

私にしたらそれどころじゃない!

こんなに美しい虹が四六時中出ているなんて

What a miracle! what a beautiful day! な訳だから。

でも、もしかしたらあれは本当に、私にだけ?

その日の私のためだけに起こった奇跡?で、

他の人には見えていなかったのかも知れない、と今では思う。

午前中ずっと、私の行く先々のそこここに虹が出ていたなんていうことは、

後にも先にもその時だけの特別な出来事で、あれは私の宇宙で起きた

美しい奇跡、不思議だったのかも知れない。

(私がそれを見る必要があった!)

まあ本当のところはどうなのかは分からないが、驚くほどミラクルな

虹を見たことは、私にとっては紛れもない真実で、

そういう訳で、冬の虹の方が私にとっては印象的なのだ・・・

というお話でした。